目標と目的意識を持ってお金を貯めよう

とりあえずお金が欲しいというのがボーイになる理由で一番多いのではないでしょうか。
ただ、いくらメンズ体入から理想の仕事を見つけて仕事をスタートしたとしても、すべての人がお金が貯まるわけではありません。
明確な目標を持つかどうかによって大きな差が生まれてきます。

「自分の夢に向けて貯蓄する」だったり「将来が不安だから節約をする」といった漠然とした目標よりも、例えば「2年後に50万円の予算で海外旅行がしたい」「自分の店を出すために3,000万円の貯蓄を確保しておきたい」「家の頭金のために500万円を3年間で貯金したい」といった形の方が目標がはっきりしてきます。
そして自分の中での目的意識の向上も見込めるのではないでしょうか。

具体的にイメージを持つ

このように目標を立てたら、さらにそのイメージをより具体的に、鮮明にしてみましょう。
例えば、50万円の海外旅行を目標をしているのであれば「どこの旅行代理店であればこのようなパックが組める」とか、家を買う目標であれば「どの駅で徒歩何分の家を買いたい」といったレベルまで、やりたいことや達成したいことのイメージを持てると、その実現性は更に高まります。
アスリートのイメージトレーニングと同じように、実際に自分が期待したい成果を思い描けるほど、お金は夢を叶える一部として実感できるようになります。